社会保障

社会保障について

社会保障 header image 1

仕事の継続や繰下げ制度の利用で年金額が増える

2014年08月23日 · 未分類

世界有数の長寿国日本ですが、老後資金の不安を持っている人は少なくありません。
 持ち家がなければ家賃や食費、生活費など、勤労世代よりは節約することができても月に必要なお金は20万円近くなるでしょう。老後のこととなれば、医療費も心配です。
 持ち家があって家賃は要らなくても、代わりに固定資産税はかかるし、月に必要なお金は15万円近くにはなるでしょうか。

 健康で、求められた仕事があるうちは働いても、仕事を辞めた後の年金でそれを賄っていくのは容易なことではありません。老後資金を取り崩しながらの生活では、いつまで生きるかわからないので将来が心配、毎月の収入を増やして貯蓄はいざという時に備えておきたいものです。

 年金の繰下げ制度は、65歳から受給できる年金の受給開始時期最長5年間繰り下げることによって、最大42%まで(平成26年2月現在の法律)年金額を増やすことができる制度です。
 この増加率は障害変わらないので、65歳の受給開始の場合を100%とすると、70歳で受給したら142%の年金額になります。82歳までの受給類型学は、65歳開始で1700%、70歳受給開始では1704%で逆転し、以後その差は広がっていくことになります。
 寿命はわからないので、どちらが得かの判定は難しいですが、70歳までの生活に不安がなければ、繰り下げて将来を楽しむという選択肢もあります。繰下げは1年刻みでできるので、65歳で受給を始めなくても、そのあとで開始することも可能です。

コメントは受け付けていません。タグ :

自営業者は国民年金基金か付加年金

2014年08月23日 · 未分類

一般的にサラリーマンを始めとする会社員の家庭では厚生年金や共済年金といったものによって退職後の収入が確保されますが、それに対して自営業者は国民年金を納めることによって老後に国から年金を受給してもらえることとなります。しかしながらその支給額はスタンダードなものだとごく僅かに留まってしまいます。その分、貯蓄や収入などがあれば話は別ですが、そうでなければ国民年金だけで生活していくことは困難と言えるでしょう。

そんな状況に対応するために主に二種類の選択肢が用意されています。まずは国民年金基金。これは月々の国民年金の掛け金を上乗せすることで、将来的な受取額をアップさせるというものです。この制度には加入者の年齢や保証期間の有無、確定年金の額などの異なるプランがあり、それぞれの条件によって最も適していると思われるものを申し込みます。こうして納めた保険料は確定申告の折などに社会保険料控除の対象となるので、お得です。

またもうひとつの手法として付加年金というやり方もあります。これは月々の保険料を400円だけ多く支払うことで、将来的な受取額が200円に付加年金を納めた月数分となり、つまるところ年金受給が2年以上に及ぶとその時点で納付分を全て回収し終えて後は自分のメリットだけが増えていくという制度です。

なお、上記の両方に入ることはできないので注意しなければなりません。

コメントは受け付けていません。タグ :

年金額を増やすためにできること

2014年08月23日 · 未分類

何の年金制度に加入しているかによりますが、たとえば自営業などであれば国民年金に加入し、市町村役場で手続きをした人が大半でしょう。この際に付加保険料と呼ばれる400円程度を上乗せする手続きをとれば、将来もらえる年金が若干増えます。
ほかにも年金額を増やす方法としては、会社員が加入する厚生年金部分に相当する国民年金基金に加入して、その保険料を支払えば、会社員並みに将来年金をもらえるようになります。
また、基本的なことですが未納期間をなくすことが大切です。離職などの理由で収入が無い場合は手続きをとることで、免除を受けれる可能性がありますので、手続きを忘れずに行いましょう。免除の決定を受けた場合は、全額を支払っている人に比べればもらえる年金は少なくなりますが、未納ではないので支払っている期間には算入されます。
後日就職等するなどした場合で、過去にさかのぼって免除などを受けた年金を支払うことができますので、そうした制度を使うことも重要です。ただし、遡れる期間は決められています。
旧社会保険庁の相次ぐ不祥事案により年金制度への国民の不信や不安は高まりましたが、日本国が滅亡しない限りこの年金制度はまずなくなりませんので、しっかりと手続きや支払いを行うことが大切です。

コメントは受け付けていません。タグ :

未納期間は後納制度、免除・猶予期間は追納制度で

2014年08月23日 · 未分類

日本では急速に高齢化が進んでいます。一般的な高齢者の場合、その老後の生活を支えるのは年金となりますが、高齢者の数が急速に増加をしてしまったために肝心の年金制度そのものが根底から揺らぎ始めています。
高齢化が進んだ結果として高齢者の数が増加したこともその一因として考えられますが、年金料を支払っている世代の数の減少も大きな要因のひとつとして見逃すことはできません。
原則として年金保険料は、国民のすべてが負担することになっていますが、多くの人が年金保険料の支払いに対して大きな負担を感じているはずです。そのため、年金保険料の支払いに関しては、免除や猶予といった制度が設けられています。
免除の場合、収入などの経済的な理由から全額が免除となることもあれば、年金保険料の一部を支払うことで残りが免除となることもあります。
また、若い世代や学生の場合、年金保険料の猶予を受けることができます。この猶予では将来的に猶予を受けた分の年金保険料を支払うことが建前上では求められていますが、実際には猶予されていた期間中の年金保険料を支払わないとしても特別な支障はありません。
上記の制度を利用した場合、将来受け取れる年金の額は減らされることになりますが、免除や猶予の期間中の年金保険料に関しては追納制度を利用し、それ以外の未納の期間の年金保険料に関しては後納制度を利用することで、通常年金保険料を支払っていた人のように満額の年金を受け取ることが可能となっています。

コメントは受け付けていません。タグ :

未納のままほったらかしは損

2014年08月23日 · 未分類

年金保険料を未納のまま放置しておく事は、損になります。なぜなら、将来の年金支給額が少なくなるからです。納めていない期間が短いほどより多くの額を受給する事が出来ます。また、納めていない期間が多いと、年金受給資格を得る事が出来ず、老齢になってから経済的に困窮する可能性があるからです。納めない人が増えると生活保護費が増大し、日本の社会、経済に悪影響を及ぼします。
事情があって納める事が出来ない時は、市役所等で免除制度等を使えば良いです。このような特例制度を活用すれば、金額は減るものの加入期間としてはカウントされるため納めない時よりも損は少なくなります。
納めない状況を放置した場合や継続した時は、高齢者の生活を支える事が難しくなり、社会を疲弊させます。また、老後に安定した生活を営む事が難しくなります。
このような状況を続けた場合、行政機関から警告を受けたりする事もあります。しっかりと納めていれば、不愉快な思いをせずに済みます。
年金保険料を納めなければ、自分の将来の生活を苦しめる事になります。また、社会の地盤沈下を招く事になります。
自身だけではなく、多くの人々に迷惑をかける事になります。放置せず、適切な処置を講ずるようにします。

コメントは受け付けていません。タグ :

未納の年金保険料は今からでも払おう

2014年08月23日 · 未分類

国民年金の保険料の納付率が60%を下回る事態に陥っています。要因としては、自営業者や農漁業者以外に、無職、フリーター、学生などの低所得者が増加している社会構造の変化があります。経済の低迷、就業形態の多様化 により、年金制度への関心や保険料納付の意識が高くなりません。合わせて、年金に対する不信感があります。消えた年金問題、横領などの不祥事が近年相次ぎ、支払った分だけ、本当に年金として戻ってくるのかという不安感がぬぐえない人が多いのです。
ただ、払わないと大変なことになるのも事実です。国民年金には老齢年金の他に、障害年金、遺族年金があります。病気や事故によって大きな障害を負った時や、自分が死んだ後の家族の収入の役割も担っています。老後だけでなく、日常生活に潜むリスクに対処できなくなる可能性があるのです。
年金保険料の未納を続けた場合、納付督励 、 最終催告 、 督促状の発行 、 差押予告 、財産差押 となり、最終的には国が強制的に徴収します。銀行の預貯金、給与や不動産などを差し押さえるのです。
国民年金は公的な制度で、加入が義務付けられています。十分な所得があるならば、支払わないという選択肢は存在しません。未納の保険料は、今からでも払うようにしましょう。

コメントは受け付けていません。タグ :

老齢の年金は65歳からもらえる

2014年08月23日 · 未分類

退職をしてこれから第二の人生を満喫しようというようにわくわくしている人もいると思いますが、やはりそこには生活をするための費用というのがどのぐらいあるかということが重要にもなってきます。
仕事をしている際には、定期的に収入を得られるということで、自分が満足できるような額をおこずかいとして自由に使えたという事であっても、退職後にはそううまくいくという人も少ないものです。
年金をもらえるというのは基本的に65歳という事でもあるため、それまでの生活基盤というものをどのように考えていくかというのも、退職前には考えておくということも必要になります。
そのためにも、退職前までにしっかりと貯蓄をするということも必要不可欠です。
また貰える金額というものに対してもどのぐらいの金額が入ってくるのかというのを具体的に知るということも重要です。
夫婦二人で毎月どのぐらいの金額がもらえて生活費にどのぐらい使えるのか、家賃などの負担などを考えるとどういった形になるのかというのを想定しておくという事です。
そういったことによって日々の貯蓄額をさらに増やす必要があるという事や、個人的に積み立てをして行ったりする必要があるということを知るという機会にもなります。

コメントは受け付けていません。タグ :

20~60歳の全ての人が加入

2014年08月23日 · 未分類

「国民皆年金」という言葉をご存じですか?
一言で言えば「日本の国民は全員、公的な年金制度に加入しなければいけない」という意味です。
これは「国民年金法」という法律で規定されています。
公的年金には大きく分けて「国民年金」「厚生年金」「共済年金」の3つがありますが、このうち「国民年金」は20歳から60歳まで、すべての人が加入することとなっています。
(ちなみに「厚生年金」「共済年金」は、働いている人を対象にしたもので、国民年金にプラスして加入することとなっています)
国民年金の保険料は、平成26年度は月額15,250円です。
正直なところ「高い」と感じる人もおられるのではないでしょうか?
実際、国民年金制度の先行きに不安を感じて「もう払いたくない」と感じている方は多いようです。
ただ、国民年金は通算で25年(正式には300ヶ月)以上加入していないと、受給資格がありません。
25年に1ヶ月でも満たなければ、それまで払い続けていたとしても、1円ももらえないのです。
年金制度について思うところのある人も多いとは思いますが、今まで払ってきたものを無駄にするのはバカバカしい話です。
受給資格をみすみす失わないよう、規定通り払っておく方が今の時点では賢いと言えます。
いざ、もらえる年齢になった時、毎月数万円を確実にもらえるか否か、この差は大きいのですから。

コメントは受け付けていません。タグ :

老後の生活資金と言えば公的年金

2014年08月23日 · 未分類

近年年金に関するニュースを頻繁に目にする事が増えて来ました。それだけ日本国民が興味を持っており、多くの人が将来の不安の一つとして抱えている問題ではないでしょうか。そんな年金ですが、多くの人がまだ知らない事がありますが、種類が目的等によっていくつも存在しています。
まずは公的年金を呼ばれる公的機関による年金制度です。老後の生活資金の不安を解消してくれる制度として多くの人が活用している基本的な年金制度の事です。会社員や公務員から自営業者まで職業に関係無くこの年金には加入する事になります。私的年金とは違い、種類があまり多く存在していませんが、日本には20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなくては行けないのが国民年金となり、サラリーマンや公務員はさらに厚生年金に加入する事になり、上乗せの保険として2段階の保険加入をする事になります。さらに上乗せしたい人にとっては私的年金等の民間保険企業が展開する個人年金商品等を購入したりと選択の幅はありますが、まずはこの国民年金と厚生年金が年金制度の基礎を気づいている事を覚えておきましょう。
基礎となる年金制度では老後の生活資金にまだ不安があるという人はさらなる上乗せの年金を検討してみましょう。

コメントは受け付けていません。タグ :