社会保障

社会保障について

社会保障 header image 2

未納のままほったらかしは損

2014年08月23日 · コメント(0) · 未分類

年金保険料を未納のまま放置しておく事は、損になります。なぜなら、将来の年金支給額が少なくなるからです。納めていない期間が短いほどより多くの額を受給する事が出来ます。また、納めていない期間が多いと、年金受給資格を得る事が出来ず、老齢になってから経済的に困窮する可能性があるからです。納めない人が増えると生活保護費が増大し、日本の社会、経済に悪影響を及ぼします。
事情があって納める事が出来ない時は、市役所等で免除制度等を使えば良いです。このような特例制度を活用すれば、金額は減るものの加入期間としてはカウントされるため納めない時よりも損は少なくなります。
納めない状況を放置した場合や継続した時は、高齢者の生活を支える事が難しくなり、社会を疲弊させます。また、老後に安定した生活を営む事が難しくなります。
このような状況を続けた場合、行政機関から警告を受けたりする事もあります。しっかりと納めていれば、不愉快な思いをせずに済みます。
年金保険料を納めなければ、自分の将来の生活を苦しめる事になります。また、社会の地盤沈下を招く事になります。
自身だけではなく、多くの人々に迷惑をかける事になります。放置せず、適切な処置を講ずるようにします。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。