社会保障

社会保障について

社会保障 header image 2

年金額を増やすためにできること

2014年08月23日 · コメント(0) · 未分類

何の年金制度に加入しているかによりますが、たとえば自営業などであれば国民年金に加入し、市町村役場で手続きをした人が大半でしょう。この際に付加保険料と呼ばれる400円程度を上乗せする手続きをとれば、将来もらえる年金が若干増えます。
ほかにも年金額を増やす方法としては、会社員が加入する厚生年金部分に相当する国民年金基金に加入して、その保険料を支払えば、会社員並みに将来年金をもらえるようになります。
また、基本的なことですが未納期間をなくすことが大切です。離職などの理由で収入が無い場合は手続きをとることで、免除を受けれる可能性がありますので、手続きを忘れずに行いましょう。免除の決定を受けた場合は、全額を支払っている人に比べればもらえる年金は少なくなりますが、未納ではないので支払っている期間には算入されます。
後日就職等するなどした場合で、過去にさかのぼって免除などを受けた年金を支払うことができますので、そうした制度を使うことも重要です。ただし、遡れる期間は決められています。
旧社会保険庁の相次ぐ不祥事案により年金制度への国民の不信や不安は高まりましたが、日本国が滅亡しない限りこの年金制度はまずなくなりませんので、しっかりと手続きや支払いを行うことが大切です。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。