社会保障

社会保障について

社会保障 header image 2

老後の生活資金と言えば公的年金

2014年08月23日 · コメント(0) · 未分類

近年年金に関するニュースを頻繁に目にする事が増えて来ました。それだけ日本国民が興味を持っており、多くの人が将来の不安の一つとして抱えている問題ではないでしょうか。そんな年金ですが、多くの人がまだ知らない事がありますが、種類が目的等によっていくつも存在しています。
まずは公的年金を呼ばれる公的機関による年金制度です。老後の生活資金の不安を解消してくれる制度として多くの人が活用している基本的な年金制度の事です。会社員や公務員から自営業者まで職業に関係無くこの年金には加入する事になります。私的年金とは違い、種類があまり多く存在していませんが、日本には20歳以上60歳未満のすべての人が加入しなくては行けないのが国民年金となり、サラリーマンや公務員はさらに厚生年金に加入する事になり、上乗せの保険として2段階の保険加入をする事になります。さらに上乗せしたい人にとっては私的年金等の民間保険企業が展開する個人年金商品等を購入したりと選択の幅はありますが、まずはこの国民年金と厚生年金が年金制度の基礎を気づいている事を覚えておきましょう。
基礎となる年金制度では老後の生活資金にまだ不安があるという人はさらなる上乗せの年金を検討してみましょう。

タグ :

コメント (0)

コメントを受け付けておりません。